そよ風農園ドリンクMenu

Menu…
ブルーベリーソーダ ………………… ¥400

ブルーベリーフレッシュジュース … ¥450

そよ風農園のブルーベリーで作る爽やかソーダに
ブルーベリー100g使ったフレッシュジュースを
是非飲んでみて下さい。

ブルーベリーレシピ

ブルーベリージャム

【材料】(270gのジャム瓶2個分)
ブルーベリー 500g
砂糖(グラニュー糖)150g(果実の分量に対して30%)
【作り方】
1.ブルーベリーは、水洗いをして水をよくきっておく。
2.鍋にブルーベリーを入れ、砂糖を加える。
3.砂糖を全体によくまぶし、砂糖が少しとけるくらいまで15~30分おく。
4.鍋を弱火にかけ鍋底からヘラで果実をつぶさないように混ぜる。
5.果実から果汁が出てきたら中火にし、アクをていねいにすくい取る。
6.とろみがついてきたら火を止め、熱湯で消毒した瓶に移す。
7.熱いままのジャムを、ジャム瓶の口ギリギリまで入れる。
8.脱気のために冷めるまで、ジャム瓶を逆さまにしておき、その後、冷蔵庫で保存する。

フレッシュ ブルーベリージュース

【材料】(2人分)
ブルーベリー 200~300g
砂糖 大さじ1
氷 2~3個
【作り方】
1.軽く水洗いしたブルーベリーを、ミキサーに入れる。
2.氷2~3個をミキサーの中に入れる。
3.砂糖を加える。ブルーベリーの甘さにより砂糖の量は加減する。
4.氷のガリガリする音がなくなるまでミキサーをかけ、音がなくなったらでき上がり。

ブルーベリー酒

【材料】
ブルーベリー 500g
氷砂糖 150g
焼酎 900cc(アルコール35度)
【作り方】
1.ブルーベリーは水洗いをして、ざるに上げ水けをきる。水分をよく飛ばし乾かす。
2.清潔な広口ボトルに氷砂糖を入れ、その上にブルーベリーを入れる。
 上から焼酎を注ぎ密閉する。
3.2ヶ月くらいで氷砂糖がとけたら、清潔なフキンでこしとる。
 濁りが出るのでベリー自体を取り除く。
4.再びボトルに液体を戻し保存。その1ヶ月後ぐらいからおいしくなる。
※ブルーベリーの甘さによって氷砂糖の量は加減すること。
 また、保存はきくが色がくすんでくるので、早めに飲むほうがよい。

ブルーベリーヨーグルトシェイク

【材料】(2人分)
ブルーベリー 100g
ヨーグルト 200g
砂糖 30g
氷 2~3個
【作り方】
1.洗ったブルーベリーと氷を、ミキサーに入れる。
2.ヨーグルトと砂糖を加え、ミキサーにかける。かくはんされた中身が均一に混ざり、紫がかったピンク色になったら止める。

おいしい冷凍ブルーベリーを作るには

収穫したそのままの果実をパレットのような浅い容器にクッキングシートを敷いて、その上に重ならないように並べます。この状態で冷凍庫に入れて4時間ほど冷凍すると粒がくっつかずコロコロした状態になります。これをまとめて袋に入れ保存します。
もちろん、いきなり袋に入れて冷凍することも可能ですが袋の中で粒同士がくっついたり、全体がかたまりになることがあります。ちょっとした手間が、より一層おいしい冷凍ブルーベリーを作るのです。

ブルーベリーの食べ方・保存法

摘みたての新鮮な果実は、ぜひ生のままで食して下さい。
当農園のブルーベリーは無農薬栽培なので洗う必要は、ありません。収穫後の水分に弱い完熟果実を日もちさせるためにも決して洗わないで下さい。冷蔵庫で保存すれば5日ぐらい、おいしく食べれます。
生果を、より一層おいしく食べていただくには1度に食べる分量だけを氷水に入れ冷やし5粒程度を口の中に入れ食べて下さい。これが1番おいしく幸福感を味わえる食べ方だと思います。
生果で食べる以外にジャムやソースに加工したりジュース・デザート・パイ・マフィンなど菓子や又はその他の料理素材として幅広く利用できます。
夏の間だけでなく長期間ブルーベリーを味わいたい方には、冷凍保存がオススメです。シャリシャリとしたシャーベット状になった果実は生果とは、また違ったおいしさです。ぜひ試してください。冷凍ブルーベリーにしておけば10ヶ月は保存が効き、急いで加工することなく後でゆっくりジャムや料理に使えるというメリットもあります。